車いす乗客用シートベルトについて

車いすのまま乗車するタイプの福祉車両では、車いすの方専用のシートベルトがついています。

しかし、小柄な方の場合、ベルトが首の位置にくるため嫌がられるという話をよく聞きます。

また、「首を切ったり絞めつけたりする恐れがあるから」・「短距離の送迎だから」・「時間がないから」と、様々な理由で介助者がシートベルトをしないこともあるようです。

2009年2月、大阪府茨木市で、送迎中に急ブレーキをかけたため車いすに座っていた方が車内で転倒、死亡するという重大事故が起こりました。

「おなかが痛くなるので嫌だ」という本人の希望で、シートベルトはつけていませんでした。

車いすの乗客の命を守ることはもちろん、運転手自身を守るためにも、たとえ本人が嫌だと言われたからといってシートベルトを装着せずに送迎は行わないでください。

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ケアライフ カーショップ

チーム・マイナス6%,みんなで止めよう温暖化